夫や妻のいびき歯ぎしりを改善する方法

いびき、歯ぎしり、パートナーへの不満はよく話し合い、解決しましょう。

夫や妻のいびきや歯ぎしりにお悩みの人は非常に多く、それが原因でパートナーへの不信感が蓄積されて行きます。
睡眠不足でイライラや疲労が積もり、ストレスが溜まり続けると、いずれはお互いの関係に亀裂が入り関係が悪化していく可能性があります。

 

ある統計で夫婦が別室で睡眠を取る割合は以下の通り。
20代の夫婦は10%程度に対して、50代の夫婦は30%程度になります。

 

別室で睡眠をとる原因の一つにいびきや歯ぎしりによる睡眠障害があげられます。
これが更に悪化していくと離婚まで発展してしまうケースがあります。

 

 

若いうちはお互いの事を思いある程度我慢をして生活できますが、5年10年と続けた場合には大きなストレスとなり、必ず気持ちに変化が現れます。
いびき、歯ぎしりは人の睡眠を阻害し人間関係に悪影響を与えますので、できる限り治療をしましょう。

 

いびきへのアプローチ 何か対策・改善策はあるのか?

 

一昔前ではこれ等の症状では病院に通院し、専門の期間で集中的な治療、医療行為を行わなくては改善は難しく、また思うように効果を得られないという事が一般的でした。
しかし、現在は様々な技術が発達して、一般家庭でもこれ等いびきや歯ぎしりをケアできる用品が充実。
個人的な対策で十分改善が期待できるようになりました。

 

以下にいびきや歯ぎしり対策の用品をご紹介します。

 

枕の形状でいびきに対処する

 

リビングインピース制「いびき枕」
いびきの原因となる気道の収縮を防ぎ、快適な睡眠を確保するいびきに特化した枕です。
2種類の高さが調節でき、女性も男性も快適にお使い頂けます。

 

安心の日本製であり、金額が他社の製品と比較した場合、非常にリーズナブルです。
丸洗いも可能であり、非常に清潔にお使い頂けます。
いびきへの対策、枕の変更をご検討の方へ。
まずはお試しという方はこちらの商品をお勧めします。

 

 

 

横向き専用枕「YOKONE2」
日本人の45%が横向きに睡眠を取るというデータを元に、研究と開発を行った横向き専用枕です。
独自の形状が横向き睡眠でも体の重心や支点を崩さず快適な睡眠を確保します。

 

通常の枕で横向きに寝ると、不要な部分に負荷がかかり、結果として気道の収縮、いびきの原因が発生します。
横向き専用に開発された独自の形状がしっかりと気道を確保し、いびきを防ぎます。
様々なメディアに取り上げられている実績のある枕です。

 

 

 

 

いびきケア専用枕「天使の寝息」
横向きや仰向けなど様々な姿勢での睡眠に対応したいびき専用枕。
独自の形状で性別や年齢などを問わず多くの方に愛用されています。
97%以上の満足度を得られた快適睡眠枕であり、パートナーの贈り物にも最適です。

 

素材や使用感にこだわった開発製造を行っており、睡眠時の安らぎ感に非常に特化している枕ですので日々のストレスも睡眠で解消されます。

 

 

サプリでいびきに対処する

 

いびきサプリ「いぶきの実」
いびきや歯ぎしりはストレスが原因で発生している方が多くいます。

 

「いぶきの実」は吸収率が良い還元型コエンザイムを使用し、安眠を得るための様々な濃縮成分を配合しています。
えごま油、発酵ギャバ、ラフマエキスなどで朝までリラックスの持続をしてスッキリと一日を迎えることが出来ます。
今まで無かった新発想の飲むいびきケア「いぶきの実」、歯ぎしりにも効果があるので試してみましょう。


 

 

 

 

寝息サプリ「サイレントナイト」

 

いびきの原因となる気道の収縮に対して、筋肉の働きに着目したサプリメントです。
筋肉成分リンゴ酸マグネシウムとコエンザイムQ10、更にギャバとイシダペプチドを配合し、いびきを防止してくれるように働きかけます。
いびきの原因の気道を広げる、支えるという点に注目し研究、開発されている商品です。
いびきの対処としておすすめしたい商品です。


 

 

いびきを知る

いびきの原因とは??

 

いびきは睡眠中の気道、呼吸の空気の通り道が狭くなり発生してしまう現象です。
普段の生活では問題無いのに、何らかの理由により気道が狭まり、呼吸の際に大きな雑音が出てしまうのです。

 

良くある原因の一つに鼻づまりがあります。
睡眠中に鼻で呼吸できずに、口呼吸となり気道が収縮してしまうので雑音(いびき)が発生してしまうのです。

 

いびきは慢性的に出てしまう人もいれば花粉症などが原因で一時的な発症の場合もあります。
以下にいびきの原因となる主な要因を記載します。

 

肥満や首周りの脂肪が多い

肥満や首周りの脂肪が人よりも多い人は気道が狭くなっている傾向があります。
また、顎や舌の筋力低下により気道付近にそれ等が落ち込み空気の通り道が狭くなります。
そのため睡眠時の呼吸の際に狭まった気道に空気が通り抜け、いびきとなってしまいます。

 

肥満傾向の強い人はダイエットにより、いびきが改善できる可能性があります。
また、首周りや顎周りだけがたるんでいる人は、その周辺の筋力が少ない場合があります。
その場合には横向きで睡眠する事により顎や舌の落ち込みがなくなり気道が狭める事が少なくなり、いびきを改善できる可能性が出来るでしょう。

 

鼻が詰まっている(口呼吸)

鼻が詰まっている人は睡眠時に鼻で呼吸できず、口呼吸となります。
睡眠時に口で呼吸した場合、顎や舌が落ち込み気道を狭める傾向があります。
その為、鼻呼吸よりもいびきをかいてしまう事が多くなります。

 

慢性的な鼻炎や風邪や花粉症など一時的な鼻ずまりなどが原因となりますでそれ等の治療を行う事により改善でるでしょう。

 

扁桃腺が大きい、顎が小さい等の身体の構造

扁桃腺とは口の中の奥にあるリンパ組織です。
これが個人差により人より大きくなってしまっ方は呼吸の気道が狭く、睡眠時にいびきが発生してしまいます。
また、顎が小さい人も気道が人より狭いため、いびきの原因となります。

 

扁桃腺は大きな人はいびき以外でも様々な難点を抱えていることがあり、扁桃腺を外科的な手術を行い除去をする人もいます。
10日間程度の入院で15万円程度の費用が必要となります。

 

顎の形状や大きさでいびきをかいている場合、マウスピース等を使用する対策もありますが、根本的な解決ではありません。
治療するには外科手術で顎を修正する必要があります。

 

アルコール

アルコールを摂取すると筋弛緩作用が働き、全身の筋肉が緩みます。
睡眠時に顎や舌が落ち込み気道を圧迫したり狭めたりする可能性が出てきます。

 

普段はいびきをかかない人もお酒を飲んだ日にはいびきをかいてしまう事がありますが、これは一時的な物です。
アルコールの量を減らすか、計画的にお酒を飲む習慣をつけると改善できるでしょう。

 

疲労

 

疲労が普段よりも多く、睡眠時に筋肉の緩みが大きくなった場合にいびきをかく事があります。
この場合は一過性である事が多く、習慣的ないびきにはなりません。
しかし、睡眠時に疲労が取れにくいというデメリットがあります。

 

夫のいびきがうるさい(男性のいびきの特徴)

いびきをかくのは男性の方が割合が高くなります。
男性の場合は肥満やストレス、アルコールなどの要因でいびきをかく事が多く、生活習慣が乱れている人も多い事が原因とされています。
さらに、女性はホルモンの影響でいびきをかきにくいというデータもあり、男性のいびきの割合は全体の24%という統計もあります。

 

妻のいびきがうるさい(女性のいびきの特徴)

女性はホルモンの影響で口腔内の筋肉が緊張し、気道を広くとる傾向があります。
女性のいびきの割合は全体の10%程度にとどまるでーたがあります。

 

しかし、年齢をかさねると女性ホルモンが減少し、いびきをかくようになる人もいます。
60才以上のいびきをかく女性の割合は45%まで上昇します。

 

歯ぎしりを知る

 

 

歯ぎしりの原因とは?

歯ぎしりは主にストレスと歯並びが原因とされています。

 

日常生活、職場や急な環境の変化などで知らないうちに歯ぎしりをしている場合や、成長や歯の治療などで噛みあわせの変化を経て歯ぎしりをしてしまうといった傾向があります。
遺伝や飲酒、喫煙、カフェイン摂取、ある種の抗うつ薬の服用等も関係が指摘されていますが、詳しい因果関係はまだわかってはいません。

 

歯ぎしりにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴と名前があります。

 

グラインディング(歯ぎしり)

グラインディングは歯を噛み締め左右にこすり合わせる症状の事です。

 

グラインディングは歯ぎしりの中でも、最も一般的な症状であり軽度の物は音もなく回りも本人も気づかずにいます。
しかし、重度の場合は大きな音を出し周りにも聞こえ、歯がすり減るほどに強くきしませる症状となりまます。

 

 

クレンチング(食いしばり)

クレンチングは睡眠時に歯を強く噛みこむ症状を言います。
グラインディングとは違い、左右にすり合わせるような症状はありません。

 

音が発生しないので周りも気づきにくい症状であり、無意識に歯や顎に負担がかかるので寝起きに顔面や顎や歯に違和感を感じる事があります。
そのために違和感や痛みの原因が歯ぎしりとはわからないでいる事が多いです。

 

タッピング

タッピングとは上下の歯をカチカチと何度も噛み鳴らす症状です。

 

グラインディングとクレンチング両方と比較した際には、タッピングは歯や顎に強い力は加わらないのでそれほど本人の負担はありませんが、周りにいる人には音が不快と感じる場合があります。

 

タッピングは他の2種類よりも発生頻度は少ないです。

 

 

こんな症状の人は歯ぎしりの可能性があります

 

 

歯ぎしりは夫や妻などパートナーに指摘されて気づけば良いのですが、一人暮らしの人や音が発生しない場合には無自覚に症状が進行します。
寝起きに何か違和感を感じる場合には歯ぎしりを疑ってみましょう。
以下に歯ぎしりにより起こる症状を記載します。

 

寝起きに歯が傷む、顎が傷む
寝起きに歯が浮いたようになる、歯が揺れる
寝起きに顎がだるい、開きにくい
歯の治療による被せ物(人工歯)が割れる、欠ける
歯がすり減る、食べ物や飲み物がしみる

 

歯ぎしりと性別、年齢を考える

 

 

歯ぎしりは基本的に性別は関係がないとされています。
しかし、仕事や生活習慣の乱れから男性の方が歯ぎしりを起こしている割合が高いというデータもあります。

 

年齢に関しては子供の歯ぎしりは全体の2割程度で、大人の方が歯ぎしりを起こしやすい統計があります。
子供時代に歯ぎしりをしていた人が成長と共に症状が収まるケースがあります。
これは顎や歯の成長で噛みあわせが変化し、歯ぎしりを起こさなくなったと考えられています。

 

一言に歯ぎしりといっても軽度の物から重度の物まで様々で、すべてを統計に含めた際には約8割の人が歯ぎしりをしているというデータもあります。

 

歯ぎしりの治療はどこでするの??

 

 

歯ぎしりの治療の6割りは歯医者で行っています。
マウスピースや矯正など歯や噛みあわせに対する治療を行います。

 

生活習慣の見直しで改善する人もいるのでまずは自分で出来る事から始めても良いでしょう。
寝る姿勢や寝具を変更したり、フェイスマッサージやヘッドマッサージも時には有効となります。

 

以下に歯ぎしりへの対策を記載します。

 

睡眠時に効果が出る対策

・枕の高さや材質を変える
・マットレスの硬さや深さを変える
・睡眠の姿勢を変える(横向きやうつ伏せなど普段とは違う姿勢で寝る)

 

 

普段の生活で効果が出る対策

・ストレスを溜めない生活をする
・規則正しい生活を心がける
・アルコールの量を控える
・歯医者で歯並びは虫歯の治療を行う(噛みあわせの変化)
・フェイスマッサージ・ヘッドマッサージ

 

歯ぎしりへのアプローチ 他の対策・改善策はあるのか?

 

睡眠時のエチケットケア「ハギシラン」
ストレスにより起こる歯ぎしりにスポットをあてた歯ぎしりサプリ。
ギャバの効果がリラックスを生み、静かな寝息になります。
さらに相乗効果を生み出すセントジョーンズワートとラフマを配合。

 

現代社会に不足しがちな栄養素を5つもプラス。
快眠と栄養補給で日々の体調管理を美しく修正します。


更新履歴