夫のいびき、男性といびきの関係

夫のいびき 男性のいびきに関して

男性と女性ではいびきに関しても違いがあります。

 

いびきをかくときには、寝ている間に舌が喉の奥に入ってしまい、気道が狭くなっています。
気道が狭くなると空気の振動などが音になり、いびきをかくことになります。気道が狭くなることは舌が喉の奥に入ってしまう以外にも原因があります。
それは喉に脂肪がつくことです。

 

喉に脂肪が付きやすいのは男性で、中年太りなどで脂肪がついてくると、喉にも脂肪がつきやすくなります。

 

男性と女性では、ホルモンのバランスに違いがあり、それが喉につく脂肪に影響を与えます。
女性の場合には女性ホルモンの働きにより、喉に脂肪がつきにくくなっています。

 

また舌や喉の筋肉が緩むと舌が喉に落ちやすくなりますが、過度な飲酒などによっても舌が喉に落ちやすくなります。

 

また、詳しいことは分かっていませんが、睡眠時無呼吸症候群についても女性に比べてなりやすい傾向があります。

 

解決策としては、じっくり取り組む必要があるものもあれば、すぐに行うことができるものもあります。
筋肉が緩むことで舌が喉の奥に入りやすくなります。そのため、寝る前の深酒を控えることも解決策になります。

 

アルコールを飲むと筋肉が緩みやすくなりますので、控えたほうが賢明です。喉の奥に舌が落ちないようにすることも対策になります。
そのためにできることが、横向きに寝ることです。
また、気道を圧迫しないように枕を変えるといったことも効果が期待できます。

 

じっくり時間をかけて取り組む解決策としては、ダイエットがあげられます。
喉の周辺に脂肪がついている状態はよくありません。
そのため、ダイエットで脂肪を減らすということは効果が期待できます。

 

ストレス発散やダイエットのためには、適度な運動を行うこともおすすめです。

 

専門的な治療を受けるという解決策もあります。
治療としては、レーザーによる治療や、コブレーションといった治療があります。
レーザーによる治療は短時間で終わり、副作用もほとんどなく、体に負担をかけずに治療ができる方法となっています。

 

睡眠時無呼吸症候群で合った場合、様々な病気のリスクが高くなります。
いびきを毎日のようにかき、その音が大きいという方は要注意です。

 

しっかり寝ているはずなのに日中に眠気がある、毎日のように大きないびきをかく、大きな音を立てた後に突然呼吸が止まる、といった場合には睡眠時無呼吸症候群に注意しましょう。
そして必要に応じて病院を受診するなどの対策をとりましょう。

 

いびきをケアできるグッツの紹介(TOPページへ)