妻のいびき、女性のいびきの関係

妻のいびき、女性といびきの関係は??

いびきは男性でも女性でも気道が狭くなる事によって、いびきが引き起こされます。このようにいびきが起こる原因は男女の違いはありませんが、気道が狭くなる原因は男女で差があります。

 

男性では30代ごろから肥満気味になり、首の内部に脂肪がついたために気道が狭くなる事が要因になっている事が多いです。

 

しかし女性は体型に気を使っている人の割合が多いので、首の脂肪が要因ではなく他の要因で気道が狭くなっている傾向にあります。
女性は50代になる頃からいびきをかく人が増え始め、その理由はこの年代のころから女性ホルモンが少なくなるためです。

 

黄体ホルモンのプロゲステロンは呼吸中枢を刺激する作用を持っているので、本来男性に比べてその作用により気道の広さを保ちやすくなっています。
プロゲステロンの分泌量は更年期を境に段々と減少していき、その影響が呼吸にも出てきます。

 

解決法はプロゲステロンの分泌量を増やせばいいと思われますが、女性ホルモンを補充する治療には乳がんのリスクが高まるので注意が必要です。
更年期には脂肪の代謝に関わるホルモンであるエストロゲンが減る事によって、脂肪が代謝されにくくなり太りやすくなってしまいます。

 

さらに更年期の年代になると加齢によって、筋肉量が減少します。
筋肉は身体のエネルギーを代謝する大きな器官なので食事によるエネルギーが燃焼されにくくなり、太りやすくなります。
このように太る事により、男性と同じように首の脂肪がつきやすくなることも原因の一つになります。

 

いびきの解決法はホルモンバランスを整えることと、生活習慣を見直し肥満にならないように気を付けることが大切です。
他の解決法は様々なものがあり、簡単なものでは横向きに寝る方法があります。
仰向けに寝ると睡眠時に下の筋肉が緩み、喉の奥に落ち込んでしまうために気道が狭くなってしまいます。

 

横向きに寝れば喉の奥に落ち込まないので、気道を確保することが出来ます。
寝ている間に仰向けになってしまう場合は、舌を前に引き出すタイプのマウスピースなどを利用して気道を確保する方法もあります。

 

本格的なものでは鼻マスクと呼ばれる空気を気道に送り込み、気道を押し広げて喉が塞いでしまうのを防いでくれます。
このような解決法は根本的な原因の解決にはならないので、生活習慣を見直し肥満の解消を行うようにしましょう。

 

他には首の筋肉を鍛える事によって、気道が狭くならないようにすることも有効です。

 

いびきをケアできるグッツの紹介(TOPページへ)