歯ぎしりと年齢と性別の関係

歯ぎしりと性別は関係する??年齢は??

歯ぎしりをしてしまうのは、性別や年齢などとは基本的に関係がなく見られる症状です。

 

日本人では、男女とも小さな子供から高齢者などまで幅広く起こってしまう症状です。
また、日本人全体で見ると、約8%から15%程度の日本人に起こっている症状です。

 

歯ぎしりをしている事を自覚するのは、寝ている間に起こってしまう症状なので難しく、ほとんどの場合、本人は気がつかずに起こってしまっています。
しかし、歯ぎしりの症状は大人よりも子供の方が多く見られる症状なので、年齢によって症状の発生の仕方が違い、小さな子供がいる家庭では、自分の子供にも発症してしまう可能性があるので保護者は不安に感じていいます。

 

乳歯が抜け落ちた頃の10歳前後に、この症状が見え始めた場合は、子供が成長していく過程で、歯の?み合わせを自分では意識する事なく整えているものなので、不安に感じる必要はありません。
この10歳前後から始まる症状については、乳歯が抜け落ちて永久歯が生え揃ったら見られなくなるもので、症状が重い場合も、成長していくうちに段々と解消されていくものです。

 

これに対して、大人や高齢者で歯ぎしりの症状がでている場合は、様々なストレスの蓄積が原因だったり、歯槽骨の添加吸収機構の働きがうまくいっていない事があるので、しっかりとした対策を行う必要があります。

 

大人になってからこの症状を発症する場合、そのままにしておくと歯と歯が擦れ合ってしまうため、大きな負担が顎にかかってします。
この症状が発症してしまう原因である身体に起こっている何らかの異常を見つけ出す必要があります。

 

早めに症状に対する手段を行わない場合、これが原因となって歯周病や虫歯などの症状を悪化させてしまう事もあるので、早期にしっかりとした診断をし、適切な治療などを行う必要があります。

 

適切な治療を早く行わない場合、日常生活にも支障がでてくるような顎関節症や肩こりなどを起こしてしまう事があります。

 

歯ぎしりは、残念ながら効果的な治療方法はまだ発見されていませんが、精神的肉体的なストレスも発症させてしまう一つの原因なので、気分転換などをしてリフレッシュする事が必要になってきます。

 

性別や年齢に関係なくストレスは感じてしまうものなので、生活をしていく限り、必ず精神的なストレスは感じてしまいます。大切なことはストレスを溜め込まないように、普段から気分転換をしてリフレッシュをしていく事です。

 

歯ぎしりをケアできるグッツを紹介(TOPページへ)